無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第136話

130話
テヒョン
テヒョン
は、は?あなたが、?
ジミン
ジミン
うん……
テヒョン
テヒョン
なんで、






なんでそんなこと……







あなたは心配じゃないのか?






今すぐ……今すぐにでもグクを見つけないと……、




ジミン
ジミン
ここはもうあなたちゃんに任せよう
テヒョン
テヒョン
……






せっかく……





毎日探してやっと見つけたのに……








……分かってる。きっとあなたが見つけるんでしょう?