無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

53話
テヒョンSide



テヒョン
テヒョン
…………



俺は中身が無くなったかのように、暗い部屋のベットの隅にうずくまる。






もうあなたに会いたくて会いたくてしょうがなくなった。そんな時に誰かが来た。




\ピンポーン/




テヒョン
テヒョン
はい…
あなた
あなた
……テヒョン
テヒョン
テヒョン
あなた!?



正直びっくりした。




あなたから来るなんてないと思ってたから




でも、あなたからの言葉は衝撃だったんだ。





あなた
あなた
別れよう