無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第133話

127話
テヒョンSide




もうあと何日探せば見つかるの……グク、、








みんなお前を探してるんだよ。







もうーー!
テヒョン
テヒョン
スゥッ……!!




俺は会場に準備されたマイクを手に持って、息を大きく吸う。







テヒョン
テヒョン
グガーーー!!!





その時だった。






テヒョン
テヒョン
グク、!?







観覧車の前に、グクの姿を見つける。







早く追わないと……!!