無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話
あっという間に放課後になっていた。






ユナ
ユナ
あなた〜帰ろ〜?クレープ屋寄るんだよね(o・v・)♪
あなた
あなた
……
ユナ
ユナ
あなた?どうしたの?
ユンギ
ユンギ
ユナ
ユナ
ユナ
わっ、ユンギ?!今日は一緒に帰れないって言ったよね!?
ユンギ
ユンギ
……あー。せっかく帰るの楽しみにしてたのに……忘れてたぁ(((

テヒョンと帰るわ。じゃーな。
ユナ
ユナ
ごめん💦
あなた
あなた
……帰りなよ(((ボソッ
ユナ
ユナ
??
あなた
あなた
ほんとごめんッッ!私今日用事あるんだった、、だから今日帰れないや、ごめんね?
ユナ
ユナ
へ?そーなの?
あなた
あなた
ユンギ先輩追いかければ間に合うよ?
行ってきなよ(´∀`*)
ユナ
ユナ
あ、うん。またね〜
あなた
あなた
💭用事あるなんて嘘ついちゃった……
でもカップルの時間邪魔できないよね、、




私はゆっくり歩き始める。

すると、3人の会話が聞こえた。


ユンギ
ユンギ
え?一緒に帰れるの?
ユナ
ユナ
うん!
ユンギ
ユンギ
テヒョン誘っちった……
テヒョン
テヒョン
俺邪魔ですか!?



私はいつの間にか盗み聞きしていた。




ユンギ
ユンギ
帰っていいよㅎㅎ
テヒョン
テヒョン
酷!?
ユナ
ユナ
テヒョンも一緒でいいじゃんㅋㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
しゃーねーな……
あなた
あなた
💭結局3人で帰るんだ……また1人になっちゃった、、