無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

57話
確かにそうだった。


今愛してるのは俺じゃないんだよな?



無言で去っていくあなたをみて立ち尽くす。



諦めなきゃいけない時が来たんだ




いつか手放す時が来るんだから



俺は少し早かっただけ。




ただそれだけ。



テヒョン
テヒョン
ね、ユンギ……
ユンギ
ユンギ
ん、