無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第103話

98話
テヒョンSide




あなたが目覚めてから、




安心と、それから何か不安もあったと思う。







テヒョン
テヒョン
良かった、




俺から出た言葉はそれだったけど。






変な気遣いとかでお互いの関係壊したくないし…



あなたからどう思われてるとか分かるんけもないし。





ただ「グク」1人だけを見ていることくらいは分かった──。