無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12話



テヒョンは私の手を振り払う。



あなた
あなた
え、、
テヒョン
テヒョン
あ、、
あなた
あなた
……
テヒョン
テヒョン
自分でとるから、、




払われた手がジーンと痛む。




その痛みがときどき、テヒョンが私をどう思っているのか知らせてるようで……





あなた
あなた
💭テヒョン私の事、、どう思ってんだろ、



テヒョンside




あー、やっちゃった。



絶対悲しませたよな、、、
テヒョン
テヒョン
自分でとるから、、



謝るより先にその言葉が出た。



あなたが寂しそうにうつむく。




あなた
あなた
ご馳走様……
テヒョン
テヒョン
……

なんで何も言えないんだ……


俺はあなたと触れる度に自分を抑えられなそうで怖くなる……


だからまだ許して欲しい……。




ごめん、あなた。






あなたside


〜カトク〜
あなた
あなた
それでね?聞いてよ、テヒョンてばさ!
ユナ
ユナ
え、まじ?




私はテヒョンと付き合えたこと、それから今まであったことも全部ユナに話した。




あなた
あなた
私嫌われたよ、絶対、、