無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

91話
ユナ
ユナ
んー?
ジョングク
ジョングク
どーしよ……
ジョングク
ジョングク
彼女が……意識なくて……病院に、、



ほとんど息だけになった震えた声で、そう言った。




ユナ
ユナ
え、嘘でしょ?
ユナ
ユナ
やばくない?
ジョングク
ジョングク
今からそっち行っていい?
ユナ
ユナ
いいけど……



電話を切って、姉の家へ行くことにした。




ジョングク
ジョングク
ヒョン、さよなら。
テヒョン
テヒョン
あぁ、