無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第130話

124話
あなた
あなた
あ、うん、ありがとう
テヒョン
テヒョン
じゃあね……






今はグクのこと考えないと……






みんな忙しい中協力してくれてるんだから、、!!






だからグク……本当にはやく戻ってきて、、。






あなた
あなた
助けてよ、、




ひとりきりの病室で泣きじゃくった──






ユンギ
ユンギ
…………