無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20話
あなた
あなた
……//
テヒョン
テヒョン
な、何急に、、//
私はテテの首に手を回し、キスをしようとする。





あともう少しというところで、テヒョンが私のおでこを押す。




あなた
あなた
へ?
テヒョン
テヒョン
今日……どうしたの?
強引なあなたは嫌いだよ……



嫌に言葉が刺さる。




あなた
あなた
私はテヒョンが好きなんだよ!
テヒョン
テヒョン
俺も。
あなた
あなた
だから行動で示そ?
テヒョン
テヒョン
そんな事しなくても好きだから……もういいでしょ?
あなた
あなた
……
テヒョン
テヒョン
もう夜だし帰りなよ。





私じゃだめなのかな?

どうして嫌なの?

テヒョンはもう満足なの?





あなた
あなた
分かんないよ、、
テヒョン
テヒョン
あなた?





私は走って逃げてしまった。


あなた
あなた
寒っ。


外はすごく寒くて、死にそう。


あなた
あなた
家に帰るのヤダな、
家に帰っても隣の家がテヒョンって考えるだけで気まづい。




寒い夜道を少し散歩して帰ることにした。




あなた
あなた
明日学校……気まづいじゃん、、