無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第138話

132話
ジミン
ジミン
そっか。もう何日も探して居ないし、あなたちゃんがそう言うなら、任せるよ。
あなた
あなた
ありがとう……!
ジミン
ジミン
俺達も今日で最後にするし。





ジミンに自分からグクを探すことを言って、電話を切った。