無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

63話
あなたSide

あなた
あなた
……
ジョングク
ジョングク
……なんで、



私が家に帰ったとき



ジョングク
ジョングク
なんで泣いてるの?




私は泣いていて


頭痛なんて忘れていた。




あなた
あなた
言ってきたよ……
ジョングク
ジョングク
ん、おいで……?
あなた
あなた
グク……



私はグクが好きってこと、間違いない。





ただ、どれが正しいのか



私は分からないままでいた。