無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

45話
あなたSide

あなた
あなた
グク……グク……


いつの間にグクの名前を呼んでいて、抱きついていた。



すごく落ち着いたから……





ジョングク
ジョングク
離れましょう

やだ……


離れたくない……



気付かぬうちにそれは声に出てて、
テヒョンの顔は見れなかった。



ただ、テヒョンが帰ったあと、少しほっとしてしまった自分がいる─。