無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第117話

111話
テヒョンSide




夜の9時だった。





ユナがグクの家に行っても
朝から今までずっと誰もいなくて





電話だって出ない。





テヒョン
テヒョン
📞……



あなた、、早く出て、、





結局夜遅くだったから、朝までは待つことになった。