無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第106話

101話
ジョングク
ジョングク
ほんとに、?
ユナ
ユナ
うん!




良かった、、



ジョングク
ジョングク
、、ヒョンから、ですか、?
ユナ
ユナ
うん。テヒョンから、




悔しい…



こういう時、いつも隣にいるのはヒョンばっかり。




あなたは僕のものだって言うのに。




ジョングク
ジョングク
……
ユナ
ユナ
ほら、隣の部屋に布団用意してあるからもう寝よ?
明日お見舞い行くんだし!
ジョングク
ジョングク
おやすみなさい、