無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

#33 お出掛け前
今日はワタシがお出掛け

幼馴染みとショッピング
服を選んで

メイクしてると
北斗
北斗
(…σ_σ…)ジーッ
あなた
あなた
そんなに見られると
恥ずかしぃんですけど
北斗
北斗
メイクって
そんなふうにするんだ
って思って…
ワタシの恥ずかしさは
気にしないのね、笑

苦笑いして

仕上げのリップを塗ろうとしたとき
北斗
北斗
やったげる
あなた
あなた
え?
持っていたベージュピンク色の
リップを奪った北斗サン…
北斗
北斗
んー、その服なら
こっちの色が
似合うんじゃない?
と、
メイクボックスの中にあった
赤いグロスリップを
選んで


顔を近づけて
器用に色を付けてくれる


近すぎて
赤くなる耳…
あなた
あなた
/////
北斗
北斗
よしっ
出来たっ
あなた
あなた
ありがとう/////
北斗
北斗
ふふ
北斗
北斗
どーいたしまして♡
ニヤッと白い歯を魅せ
更に近づく北斗のキレイな顔


そして
優しいKiss
北斗
北斗
あーあ、
取れちゃった
あなた
あなた
笑/////
このやり取りが

あと3回続いて




待ち合わせに遅れそうに
なりました、笑