無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

#47 ナース服ときょもほく🔞🔞🔞
さらに気だるい身体を
何とかして動かして
服をまた着る(また脱がされるけど、笑)

何か着てないと、
恥ずかしいから、笑
ニコニコと大我サンが入ってくる

北斗と手を繋いで…
北斗
北斗
もう既に
エロすぎ、笑
大我
大我
可愛い♡〇〇チャン
2人はワタシを挟んで座る
2人が居る理由が
まだ飲み込めない…
あなた
あなた
えっ…と?
大我
大我
なんで2人が居るのか
分からない?
あなた
あなた
はい…
大我
大我
ふふッ♡
ボクは、
2人のシてるとこみたいんだ♡
北斗
北斗
ってお願いされたんだ、笑
仕方ないなって、笑
あなた
あなた
え?
大我
大我
ボクも参加するけどね?
そう言って大我サンは
ワタシをバックハグ

北斗の方に顔が向く状態…

北斗がワタシに優しくKiss


後ろの大我サンは耳を甘噛みしながら
大我
大我
4人に何されたの?
意地悪な質問…

あなた
あなた
んんッ/////
北斗にKissされてるから
答えられない
どちらかの手が
胸の先…

どちらかの手が
ワタシの下着に
北斗
北斗
ココ、もう濡れてるし、笑
大我
大我
ココは硬くなってるし…笑
あなた
あなた
あぁんッ/////
大我
大我
北斗…
大我サンは北斗を求める…

ワタシの真横で
北斗は大我サンにKissをする

2人の手はワタシを虐めることを
止めない…
あなた
あなた
あぁ…んッ/////
ワタシの喘ぎ声に
満足そうな2人の顔…
大我
大我
ふふッ♡可愛い
北斗
北斗
エロいッ♡
2人はワタシの耳を攻める


どちらの耳にも
クチュクチュ音や
息遣いが聞こえてくる…
あなた
あなた
あッ/////
あなた
あなた
やッ/////
大我
大我
もうびちょ濡れで…
こんなに喜んでるのに?笑
ワタシの下を虐める大我サン…
北斗
北斗
素直になれば?笑
北斗もクリを虐めはじめる
あなた
あなた
も、もう…
北斗
北斗
まだイキたいの?
みんなにイかせてもらったのに?
はい、ドS北斗サン降臨されてます、笑
大我
大我
辛そうじゃん、
1回イかせてあげよ?
大我サンは、優しいのかな?
ワタシを寝かせて
すでに大きくなって
スタンバってる北斗自身
北斗
北斗
欲しい?
完璧なドSです
あなた
あなた
ほ、しいです/////
大我
大我
北斗、ドSだね?
北斗
北斗
っるせ
北斗
北斗
〇〇…
ちゃんとお願いして?
あなた
あなた
北斗のを
ください…/////
北斗
北斗
仕方ないなぁ
入口で焦らす北斗…
あなた
あなた
もっと…/////
北斗
北斗
もっと何?笑
あなた
あなた
意地悪しないで/////
意地悪な顔で
奥を突いてくる北斗

欲しかった北斗の刺激…
奥から喜びが溢れてくる…
あなた
あなた
あぁッ/////
大我
大我
エロいッ♡
見てた大我サンが
Kissをしてくる

さらに胸を刺激する
あなた
あなた
んんッ
北斗
北斗
気持ちいーんだ?
中が締まる、笑
大我
大我
北斗…
大我サンが北斗をせがむ…

ワタシに刺激を与えながら
大我サンともKissをする…
あなた
あなた
あぁッ/////
大我
大我
〇〇チャンの喘ぎ声
可愛いね♡
耳元でささやく大我サン
北斗
北斗
中、気持ちいい…
はぁはぁ/////
あなた
あなた
も、もう…
北斗
北斗
イかせてくださいって
言えよ…
はぁはぁ…
大我
大我
ドS♡
あなた
あなた
イかせて…
あぁッ/////
北斗
北斗
聞こえない♡
はぁはぁ…
あなた
あなた
イかせて…
ください…
ワタシに打ち付けるスピードが
さらに奥へ
さらに早くなった
北斗
北斗
あぁッ!
北斗
北斗
イかせてやるよッ
はぁはぁ…
あなた
あなた
あぁッ/////
あなた
あなた
イイッ/////
あなた
あなた
んッ/////
もう…ダメ…/////
北斗
北斗
くッ…
北斗の動きがゆっくりになり
止まった
北斗
北斗
はぁはぁ
あなた
あなた
はぁはぁ
大我
大我
可愛いかったよ♡
ワタシにKissをする大我サン
大我
大我
ボク、まだイッてないから

そのままでいいから…♡
北斗とワタシは繋がったままなのに

ワタシと北斗と
交互にKissをする
ワタシへの刺激は
忘れない2人…
あなた
あなた
あぁんッ/////
大我
大我
〇〇チャンばっかり
気持ちよくなって…
ズルくない?笑
北斗
北斗
〇〇…口開けて
素直に口を開ける…
大我
大我
あぁ♡
大我サンの大きくなったモノが
ねじ込まれた

不思議と愛おしいという
感情が広がる…

ワタシは舌を使い
大我サンの先と
Kissするように絡める
北斗
北斗
〇〇…
締まってくんだけど?
ワタシの中の北斗が
大きくなるのが分かった…
北斗
北斗
大我のを舐めて
喜んでるんだ、笑
大我
大我
ふふッ♡
大我
大我
上手だよ?
腰を動かす北斗と大我サン…

大我サンと北斗がまたKiss



大我サンは
ワタシから自身を抜き
大我
大我
北斗…舐めて
北斗
北斗
ふふ…いいよ
大我サンは北斗の横に立ち
大きくなったモノを
北斗に見せつける…

北斗は
ワタシの刺激を続けながら
大我サンのを口に…


塞がれていたワタシの口から
喘ぎ声が…

あなた
あなた
あぁッ/////
大我サンも上擦った声で
大我
大我
北斗…
気持ちいいよ…
あなた
あなた
もう…/////
大我
大我
ふふッ♡
〇〇チャン…
先にイかせてあげたら?
北斗
北斗
先に〇〇だな…
はぁはぁ…
北斗はワタシに集中する…


早く
強く
奥に

ガンガン打ち付ける北斗…
あなた
あなた
イヤッ/////
あなた
あなた
あぁッ/////
北斗
北斗
イケよッ
北斗
北斗
ッッあぁッ
果てたワタシと北斗に
大我
大我
ボクを気持ちよくして?
2人で舐めて?
怪しく微笑む
仁王立ちする大我サン


ワタシと北斗は
大我サンの大きくなったモノを
2人で舐める
大我
大我
ふふッ
2人ともエロい♡
満足そうな大我サン

大我サンのを舐めながら
北斗の舌と絡まる…
大我
大我
〇〇チャン…
大我サンに誘われて
Kiss

北斗は大我サンのを
口に入れて
ジュポジュポ音を立てる
大我
大我
あぁッ♡
愛おしいそうに
北斗の頭を撫でる…大我サン


ワタシとのKissも
深く舌を絡める…


スピードを上げる北斗…
大我
大我
でるッ
大我
大我
うッ…
ジュポジュポの音が静かになり
北斗の動きも止まった…
大我
大我
はぁはぁ…
満足した大我サン…


北斗も色っぽく微笑む
大我
大我
飲んだ?
北斗
北斗
あぁ…/////
あなた
あなた
/////
北斗も
大我サンも

綺麗だった…/////












その後も続いたのか…




3人なのか…







もしかして

7人で…









それは




秘密♡