無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

#60 温泉旅行⑦ 🔞
息の乱れを整えてると
樹
ちょっと飲む?
水の入ったコップを
持っている樹サンが近づく

言葉がまだ出ない…
あなた
あなた
(頷く)
樹
飲ましてあげる♡
自分の口に含んで
ワタシに『口移し』で
飲ませてくれる…


抵抗する力もなく
移されたお水を飲む…
樹
素直だね♡
もう一度同じように
『口移し』でお水…と
樹サンの舌が入ってきた…


舌を絡めながら
水を奥へ…
あなた
あなた
/////
樹
上手に飲むね…♡
妖しく微笑む樹サンは
舌をまた絡めるKissをくれる
あなた
あなた
んんッ/////
Kissをしたまま
ワタシの足を開かせて

ワタシの中へ樹サンのモノが
グッと入ってくる…
あなた
あなた
ッんんッんッ/////
口が樹サンの舌に支配されているので
喘ぐ声は吐息混じりに…

小刻みなリズムで
ワタシのイイとこを
突いてくる…
あなた
あなた
ッんん/////
あなた
あなた
ッん
あなた
あなた
んッ
樹
気持ちイイ?
意地悪な言葉と引き換えに
やっと解放される唇
あなた
あなた
あぁッ/////
樹
中も舌も
絡みついて
最高だよ?笑
樹サンは

胸を激しく揉んだり
ワタシの足を持ち替えたりして
絶妙に角度や深さを変えて
新しい快感を与えてくれる

そのたびに
あなた
あなた
ッやぁ/////
あなた
あなた
ッんん/////
あなた
あなた
ッあッあッあ/////
樹
可愛い啼き声♡
嬉しそうな樹サンは
ワタシの体勢を器用に変えて

四つん這いにさせる


浴衣の裾をめくりあげて
樹
イクよ?
グッと後ろから
打ち付ける樹サン
あなた
あなた
ッあぁッ/////
大きくなる声…
樹
スケベなあなたの
声…もっと聞かせろよ
強く後ろから突き上げる樹サン
あなた
あなた
イヤぁ/////
樹
ヤじゃねーよ
ガンガン腰を振り
樹
こんなに
感じてるのにッ
あなた
あなた
ッあぁ/////
ワタシの腰をしっかりホールドして
さらに早くさらに強く腰を振る…
あなた
あなた
も…もうッ/////
樹
イケよッ
あなた
あなた
あッあッあッあぁッ/////
樹
ッッあぁッッ
樹
はぁはぁ…
動きがゆっくりになり

やっと優しい樹サンに戻る…


ワタシは四つ這いの体勢が
崩れ落ちて横向きで
息を整えてた…
樹
可愛い啼き声だったよ♡
頭を撫でて

樹サンは離れた…