無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

#81 最終回
2020年1月22日



SixTONESは
華々しくデビューした



ワタシはイチファンとして
応援してる
ワタシはいつものように
カフェで
お客様にランチやカフェを提供する
夢のような日々を
思い出すことも

少なくなっていた…




心に空いた穴は
時間が癒してくれた…





それから
数年後のある日…



窓の外を見ると

今にも
雨が降り出しそうな空

今日の天気予報は
雨じゃなかったのに、笑


そういえば

あの日も雨が降り出しそうなだったな…


『まだランチ大丈夫ですか?』

そう言って入ってきた北斗の姿を
鮮明に覚えてる…


でも
記憶に蓋をして

平気なフリをしてるワタシがいる…


もうすぐ
休憩中プレートを出す時間の

13:50…


その時

ドアが開いて

男性が入ってきた…



「まだランチ大丈夫ですか?」
その声
そのシルエット
そのはにかんだ笑顔
あなた
あなた
いらっしゃいませ(涙声)
あなた
あなた
大丈夫ですよ…
お好きな席へどーぞ(涙声)
北斗
北斗
カウンターでもいいですか?
あなた
あなた
…もちろん(涙声)
北斗
北斗
ふふッ
なんで泣いてるんだよ、笑
あなた
あなた
泣いてません、笑(涙声)
北斗
北斗
日替わり、ホットで
お願いします
あなた
あなた
すぐにご用意しますね(涙声)
北斗は自分の席に座った…
日替わりランチを北斗の前へ


北斗は
そのワタシの手をそっと触れて
北斗
北斗
また初めからやり直そ
北斗
北斗
オレ、デビューして
ガムシャラに走ってきて
事務所の人間も
オレたちのこと認めてくれたんだ
あなた
あなた
うん(涙声)
北斗
北斗
だから
迎えに来たッ
北斗
北斗
一緒に暮らそ
あなた
あなた
ほくッ…(涙声)
2人は強く抱き合った
北斗
北斗
もう一生離れんじゃねーぞ
あなた
あなた
うんッ♡





ワタシはホントに
今、幸せモノです♡








お店と2階部分は
事務所が買い取ってくれて
リノベーションして
セキュリティも万全にして

地方から出てきてるジュニアの
寮として形を変えました…




ワタシは
セキュリティ万全のマンションで


北斗と幸せに
暮らしています


SixTONESのみんなや

健人サンは


どうしてるのか…



それは


ご想像にお任せします♡






┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈




XXX♡ THE END ♡XXX