無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#4 お誘い
あれから
週に2,3回のペースでお店に来てくれる
北斗サン

もちろん休憩タイムになる少し前に
滑り込みで笑

ランチを食べて
コーヒ飲んで

カフェタイムになる少し前まで
お喋りしたり
試作品のスイーツを
味見してもらったり
だんだん心の距離が近づいてる気がした


北斗
北斗
そういえば
お店のお休みってあるんですか?
あなた
あなた
土日祝お休みです♡
北斗
北斗
いいですね笑
あなた
あなた
土日祝の会社が多いビジネス街なので
土日祝は休みです笑
北斗
北斗
じゃあ、今度の土曜日空いてます?
美術館の招待券貰っちゃって
感想も言わないといけなくて
1人でもいいんですけど
2枚あるし…どうですか?
あなた
あなた
ワタシで良いんですか?
北斗
北斗
ワタシが良いです(キッパリ)
あなた
あなた
/////
あなた
あなた
じゃあ、ご一緒します^^*
北斗
北斗
朝10時に〇〇駅で待ち合わせで
あなた
あなた
わかりました/////
北斗
北斗
もしよかったら
連絡先教えあいません?
ボクのLINEこれです
QRコードを読み取って
無事に連絡先登録完了した
北斗
北斗
じゃあ
そろそろ行きます
お会計を済ませて
北斗サンは
お店をあとにした