無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#6 デート 美術館へ
駅の構内は結構混んでて
気を抜くと
はぐれそうになる笑
北斗
北斗
はぐれないように
北斗サンは左手を出てきた
あなた
あなた
/////
北斗
北斗
じゃあ、ココ持ってて笑
とコートのポケットの生地を
アピール
あなた
あなた
ココなら/////
と、コートのポケット付近を
軽くつまんで同じ歩幅で歩いた
電車の中でも
美術館の中でも

コートの生地をつまんでた笑
はぐれないように笑
美術館では
現代アート作品が展示されていて
北斗サンはなにやらメモ取ってる
感想言わないといけなくて…と
言ってたからかな?
絵は書くのはダメだけど
色合いとか見るのが楽しい
北斗
北斗
全部廻ったかな?
あなた
あなた
ですね^^*
北斗
北斗
じゃあ
ちょっとランチでも
しましょうか
あなた
あなた
そういえば
お腹空いた笑
北斗
北斗
何か食べたいもの
ありますか?
あなた
あなた
うーん、
ウチのカフェにないもの笑
北斗
北斗
和食かカレーとか?
あなた
あなた
カレーいいですね
北斗
北斗
辛いの大丈夫ですか?
あなた
あなた
激辛は苦手ですけど
普通レベルなら
スマホで検索して
カレー屋さんに入った
あなた
あなた
結構
辛い笑
北斗
北斗
辛い方が好き笑
あなた
あなた
ナンが美味しい♡
あなた
あなた
ラッシーの甘さが
救世主笑
楽しいランチタイムだった
お会計は
北斗サンが払ってくれた
あなた
あなた
ごちそうさまでした♡
お店を出て
ブラブラと
ウインドショッピングして
夕方になったので
また電車に乗って
待ち合わせの駅に戻った
北斗
北斗
今日はありがとうございました
あなた
あなた
こちらこそありがとうございました
と会話をしてると
駅構内にアナウンスが流れた
《電気系統のトラブルでただいま電車の運行を見合わせています》

って…
北斗
北斗
え?
あなた
あなた
え?
同時に顔を見合わせた