無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

#35 きょもほく
北斗が仕事で
帰ってこない時は

SixTONESのことを
勉強中(やっぱり疎い、笑)

テレビはもちろん、
ネットや動画で
チェックしている
知っていくうちに

気になるキーワードが
出てくる…
ズドン
バカレア
ほくじぇ
きょもほく

他にもたくさん…




中でも
気になったのが
ズドン、ではなくて…笑



きょもほく…
だって…こんな2人の
画像が…/////

(自主規制中、笑)
男の人同士なのに
ドキッとする…/////
大我サンが可愛いのが悪い、笑






ある日の
彼らのランチタイム

6人でカウンターに並んで
モグモグ中…
偶然にも
大我サンと北斗が並んでる…
あなた
あなた
きょもほくだ…
心の中の声が
外に出てたみたい、笑
大我
大我
ん?
北斗
北斗
ん?
こっちを見る、
きょもほく、笑
あなた
あなた
イエ、ナニモ
アリマセン…
キョドる、
ワタシ、笑
慎太郎
慎太郎
人気のキーワード
らしいね、笑
あなた
あなた
最近、
SixTONESサンのこと
ネットとかでチェックしてて…
あなた
あなた
ごめんなさい、
ミーハーみたいで
(。- -。)
反省しないとね…
ジェシー
ジェシー
やってあげたら?
樹
それ、
いいじゃん、笑
優吾
優吾
あなた
あなた
え?
(ơ ωơ)✧
北斗
北斗
目が輝いてる、笑
大我
大我
いいよ、
別に減るもんじゃないし
慎太郎
慎太郎
(*σ´³`)σヒュー
北斗の肩に
頭をチョコんと乗せる大我サン…

北斗はびっくりの顔
あなた
あなた
可愛い…/////
北斗
北斗
なんの時間だよっ!
/////
ツンデレなのか
言葉と表情が合ってない、北斗サン…笑
大我
大我
やっぱり、
こっちかな?
大我サンは席を立ち、
北斗の後ろにスタンバイ…


何が起きるのか、不安な北斗サン…
大我
大我
ふふっ
後ろからギュッて

バックハグ…/////
北斗の肩に顎を乗せて
ワタシを見つめる大我サン…/////
あなた
あなた
/////
北斗
北斗
なんで〇〇が
照れんだよっ!
ジェシー
ジェシー
Ahahaha
樹
顔が赤いのは
〇〇チャンだけだよ、笑
慎太郎
慎太郎
オレにもしてよ、
大我っ!
大我
大我
ヤダよ、笑

まだランチ中だもん
あなた
あなた
ありがとうございましたっ
/////
優吾
優吾
生きょもほくは
心臓に悪いと痛感した昼下がりでした、笑