無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

#68 甘えていいよ
病院行くか…
健人サンが傍にいるか…


消去法で
病院には行かないことに…
健人
健人
へぇ、マンションなのに
お店のフロアが自宅なんだね
健人サンと一緒に
自宅へ…
あなた
あなた
/////
健人
健人
北斗帰るまでだから、笑
北斗…帰ってこないです…
健人
健人
今日北斗は?
あなた
あなた
地方でLIVEです…
健人
健人
え?そーなの?
あなた
あなた
大丈夫なので
健人サンも忙しいでしょうから…
健人
健人
今日オフなんだ♡
あなた
あなた
え…と…
健人
健人
北斗にちゃんと説明して
許可貰えばいいんだよ
健人サンはスマホを操作してる
健人
健人
よし、一応LINEで
事情を送ったから
5分後に健人サンのスマホが鳴る
健人
健人
さっそく北斗だ、笑
健人サンはスマホの向こうにいる
北斗に
今日、偶然会ったこと
ランチしたこと
帰りにお店の前で自転車とぶつかったこと
時系列に説明していた
健人
健人
病院行こって言ったんだけど
大丈夫って言うんだ…
女の子が怪我しちゃったら
大変でしょ?
健人
健人
今は平気でも
あとで痛くなったりしたら…
今日北斗帰って来れないんだし、
誰か傍にいてやらないと…
健人
健人
オレがあなたの
傍にいてあげたいんだ…
あなた
あなた
/////
たまに呼び捨てとか…/////
無意識なんだろうけど

隣で聞いているワタシを…
胸きゅんさせる健人サン…
健人
健人
あなたチャンに変わろっか?
ワタシにスマホを渡してくれた
あなた
あなた
北斗?ゴメンね、
心配かけて…
あなた
あなた
痛くないよ…
うん、今日のLIVE
頑張ってね♡
スマホ越しの北斗は
優しかった


健人サンにスマホを戻す
健人
健人
うん、オレが診てるから
安心して♡
任せとけって♡
健人
健人
怪我してるかもしれない
女の子を襲うわけないじゃん、笑
なんとなく
北斗のセリフが想像つく、笑
健人
健人
じゃ、LIVE
気合い入れてけよッ
通話が終わったみたい
健人
健人
コレで
北斗公認だね、笑
あなた
あなた
健人サン、
ホントに
大丈夫です…
健人
健人
北斗に任せとけって
約束したんだから…
あなた
あなた
分かりました…/////
少し気まずい空気が
流れた…
健人
健人
買い物に行ってくるね
事務所にも寄ってくし
あなた
あなた
分かりました^^*
 




1時間後に
健人サンが帰ってきた


買い物袋や少しの荷物を持って…
健人
健人
事務所に着替えとか
置いてるんだ
北斗もそう言ってた事を思い出した




健人サンは
食べるものや
飲みものを並べてくれた


2人で晩ご飯を食べる…
いつもは北斗なのに


今目の前にいるのは


中島健人…サン
健人
健人
美味しいね♡
あなた
あなた
ごはんまで…
本当にありがとうございます
健人
健人
オレは好きでやってるから
気を遣われると
逆に困っちゃうよ♡
健人
健人
特に今日は
オレには甘えて欲しいな♡
あなた
あなた
甘える…のは
苦手です、笑/////
健人
健人
甘え方教えてあげよっか?笑
隣に座る健人サン
健人
健人
ぶつかった時、ホントは
怖かったんでしょ?
あの瞬間を思い返すと
少し怖くなる…
あなた
あなた
(頷く)
健人
健人
怖かった…って
ちゃんと言わないと…
健人サンの優しさが
伝わってくる
健人
健人
大丈夫ってばっかり…
1人で抱え込まないで
こみ上げてくるモノを
抑えきれなかった…
あなた
あなた
(涙目)
健人
健人
北斗に心配かけないように
平気な顔して…
あなた
あなた
健人サン…
ありがとう…(涙目)
隣で座るワタシを
片手で抱き寄せてくれた…
健人
健人
泣きたいなら
オレの胸で…
あなた
あなた
( ᵒ̴̶̷̥́ㅿᵒ̴̶̷̣̥̀ )クスン...
少しの間
健人サンの胸を借りた…



やっと涙も止まり…


顔を上げると

健人サンが微笑んでくれる
健人
健人
オレには
甘えていいんだから…
頭をポンポンしてくれた
そのあと

健人サンが片付けをしてくれている
あいだに

ワタシはお風呂へ


濡れた髪を
乾かしてると
健人サンが覗きに来て
健人
健人
乾かしてあげる♡
ソファにいる健人サンの前(下)に
座らされ
濡れた髪を優しく乾かしてくれた
健人
健人
キレイな髪だね♡
あなた
あなた
/////
ドライヤーだけでこんなに
ドキドキするなんて…
健人サンって何者?(笑)
健人
健人
素顔も可愛い♡
あなた
あなた
/////
見つめられると
さらにドキドキ…
あなた
あなた
あ、あの…
健人サンもお風呂
入ってくださいね
健人
健人
うん、ありがとう♡
じゃあ入ってくるね♡





20分後の
お風呂上がりの健人サンは

ゆるっとしたロンTが深めのVで…
スゥェット…

濡れた髪…


色気が倍増していた…
あなた
あなた
/////
健人
健人
見とれてる?笑
あなた
あなた
違います…/////
健人
健人
見とれてくれても
いいのに♡
いつの間にか
健人サンのペースになる、笑
健人
健人
じゃあ、
一緒に寝よっか?
あなた
あなた
え?/////
思わず身構えるワタシ…
健人
健人
ふふ♡何考えてるの?
あなたが心細いと思って
ただ一緒に寝るんだよ♡
そう言われたら
断れない…
北斗と一緒に寝るベッドに

今…ワタシの横には健人サンが…



ワタシが眠りにつくまで
手を握ってくれるんだって…
こんなに至近距離で
中島健人なんて…

眠れる訳ない…/////



ワタシの緊張を感じたのか
健人サンは穏やかな声で…
健人
健人
今日は楽しい日だったのに
大変な日になっちゃったね…
あなた
あなた
そうですね、笑
健人
健人
でも
少しだけ…
喜んでる自分がいるんだ…
あなた
あなた
え?
健人
健人
こうやって…今ココに
いるなんて…
健人
健人
あなたが不安な時に
傍にいれるなんて…
あなた
あなた
/////
健人
健人
明日、朝食に
フレンチトースト
作ったげるね♡
あなた
あなた
楽しみです♡
健人
健人
だから
安心して寝ていいんだから…
優しい言葉で
優しい空気の中…

ワタシは知らない間に
眠りについた…
健人
健人
ふふ♡寝ちゃった…
健人
健人
オレもまだまだだよな、
こんなシチュエーションで
北斗との約束思い出して
我慢出来るなんて、笑
そう自嘲気味に笑って
健人サンは眠ってるワタシの
頬に口付けした…
健人
健人
コレくらいは
許されるよね、笑









┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
ワタシの中のケンティやっぱり素敵、笑



妄想って最高、笑



北斗
北斗
オレの出番なし?笑