無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第79話

#79 ご対面、笑
ランチタイムのピークが過ぎた
13:50…


いつもの6人がお店へ
そして

いつものようにカウンターに並ぶ
いつもと違うお店のキッチンに
気づく6人…
優吾
優吾
え?なんで?笑
ジェシー
ジェシー
Ahahaha
樹
すげー、笑
慎太郎
慎太郎
大我
大我
いい匂い♡
北斗
北斗
バイト?笑
6人が言葉を放った先には…

もちろんワタシではなく、笑
健人
健人
いらっしゃいませ、笑
6人に
ニッコリ微笑む健人サン、笑
あなた
あなた
苦笑い
健人
健人
ちょっと料理の腕を
磨きたくて、笑
樹
聞きたいのは
きっと
そこじゃない、笑
優吾
優吾
オレ達は
健人がそこにいる
理由が知りたいんだよッ
北斗
北斗
大我
大我
北斗は笑ってるし、笑
慎太郎
慎太郎
どゆこと?
ジェシー
ジェシー
どゆこと?笑
健人サンは
手際よく料理を盛り付け
しながら
健人
健人
オレもここの
住人なの♡
北斗以外の5人が…
同時に
樹
は?
大我
大我
え?
慎太郎
慎太郎
え?
優吾
優吾
は?
ジェシー
ジェシー
(*゚0゚)ワーオ
リアクションは
華麗にスルーして
健人
健人
出来た♡
健人
健人
召し上がれ♡
6人の前に
健人サンの料理が出された
健人
健人
食べてみて♡
健人
健人
豆腐ハンバーグと
おばんざいを
作ってみたんだ♡
みんな料理をじっとみて
大我
大我
美味しそ♡
各々が「いただきますッ」
といって
モグモグ食べはじめた
お腹が満たされて…

さっきの話の続きが…
樹
で?どゆこと?
ニッコリ微笑んで
健人
健人
オレもあなたの
カレシなんだ♡
あなた
あなた
/////
はっきり言われると
ちょっと恥ずかしい、笑
ジェシー
ジェシー
(*゚0゚)ワーオ
慎太郎
慎太郎
は?
大我
大我
え?
優吾
優吾
意味がわからん、笑
樹
北斗は?
北斗
北斗
オレもあなたの
カレシだよ、笑
健人
健人
3人で暮らしてるんだ♡
あなた
あなた
そーいう事です…/////
大我
大我
ずるい、笑
樹
ずるい、笑
慎太郎
慎太郎
ずるーい、笑
優吾
優吾
ずるくね?
ジェシー
ジェシー
(*゚0゚)ワーオ
ずるいよね、笑
5人をなだめるのが
少し大変でしたが、



楽しいランチタイムでした、笑