無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

#61 温泉旅行⑧ 🔞
ジェシー
ジェシー
大丈夫?あなたチャン
樹サンと変わるように
ジェシーサンがワタシの傍に…
頭を優しく撫でてくれるジェシーサン
はぁはぁ…と
息を整えるのが精一杯…
ジェシー
ジェシー
とっても
キレイだったよ♡
頭を撫でながら
頬に口付けしてくれるジェシーサン

優しいKissと
優しい手が心地いい


その心地良さに
眠くなりそうに…
ジェシー
ジェシー
まだ寝かせないけど?笑
あなた
あなた
ジェシーサンの手が
温かいから、笑
ニコニコしてるジェシーサン
ジェシー
ジェシー
余裕あるね♡
じゃあ…
ニコニコから
真剣な眼差しに変わる…
ジェシー
ジェシー
いくよ?
浴衣の上から
胸を刺激をはじめる
あなた
あなた
ヤッ/////
ジェシー
ジェシー
抵抗されると
やっぱり傷付くよ…
耳元でささやかれたあと
ジェシーサンのKissで
口を塞がれる…
あなた
あなた
んんッ/////
手が下に…
ジェシー
ジェシー
ふふッ
もう準備はできてるもんね、笑
あなた
あなた
んんッ/////
ジェシー
ジェシー
3人とヤッて…
気持ち良さそうだったね♡
耳元で意地悪に
言われる

上に重なって
ジェシー
ジェシー
オレも
気持ち良くしてあげるね?
ググッとジェシーサンのモノが
入ってく…
大きいジェシーサン…
ゆっくり体重をかけて
馴染ませるように
入ってく…
あなた
あなた
あぁッ/////
ジェシー
ジェシー
全部入ったよ…
あなた
あなた
んんんッ/////
ジェシー
ジェシー
見せてあげる…
繋がった体勢のまま
ひょいッとワタシを持ち上げて
ジェシーサンの上に座ってる姿勢に…
ジェシー
ジェシー
ほら、見て♡
繋がった部分を見せつける…
あなた
あなた
やぁ/////
顔を背けると
北斗
北斗
ちゃんと見て…
ドSの顔した北斗が
ワタシの頬に手を添えて
再び見るように促される…
ジェシー
ジェシー
カレシに見られてるね♡
北斗
北斗
ジェシーのを
飲み込んで…
エロい…
あなた
あなた
見ないで/////
(涙目)
ジェシー
ジェシー
ドSのカレシに
見せつけてあげよ、笑
ジェシー
ジェシー
しっかり掴まっててね
ワタシがその言葉に従って
キュッとジェシーサンに抱きつく

それを合図に
ジェシーサンが突き上げるように
激しく腰を振る…
あなた
あなた
あぁッあッ/////
あなた
あなた
奥…ヤッ/////
あなた
あなた
んんッ/////
ジェシー
ジェシー
可愛いねッ
あなた
あなた
んんッ/////
上下前後に揺さぶられ

上になってる分、自分の体重も
合わさって
ありえないくらいの快感が
奥に響く…
あなた
あなた
あぁッ/////
ジェシー
ジェシー
いっぱい
イかせてあげるから…
さらに深く繋がるように
腰をホールドして
奥への快感を与えてくれる…
あなた
あなた
あぁッ/////
あなた
あなた
もう…/////
ジェシー
ジェシー
一緒に♡
あなた
あなた
あぁッ/////
強く激しく突き上げて…
ジェシー
ジェシー
オレも…もう…
あなた
あなた
あぁッ/////
あなた
あなた
ッんん/////
ジェシー
ジェシー
ッんん…うッ…
腰の動きがゆっくり止まっていった…
ジェシー
ジェシー
はぁはぁ…はぁはぁ
あなた
あなた
はぁはぁ…/////
目の前のワタシをキュッと抱きしめて
ジェシー
ジェシー
可愛いかったよ♡
おデコにKissをして
ワタシをゆっくり寝かせた…