無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

#69 朝…
目が覚めると…目の前に
中島健人ッ/////
あなた
あなた
/////
心臓に悪過ぎる…

そっと起きようとしたけど
手を握っててくれて…

そぉっとベッドから抜け出そうと
したけど…
健人
健人
姫、おはよう♡
あなた
あなた
おはようございます/////
あなた
あなた
姫?
手を引っ張られて
健人サンの腕の中へ…
健人
健人
眠り姫、笑
健人
健人
昨日我慢するの
大変だったよ♡
健人
健人
せめて
もう少しだけ
このままいさせて?
甘々モードのケンティの破壊力…
あなた
あなた
/////
姫呼びも
昨日のことも含めて
恥ずかしくて何も言えない、笑
健人サンの腕の中にスッポリ収まる…
健人
健人
あなた…
いい匂い♡
あなた
あなた
心臓がもたないです/////
健人
健人
オレもドキドキしてるよ?
ほら♡
健人サンの胸に
さらに抱き寄せられる…


自分の音なのか
健人サンの音なのか
もう分からない、笑


そのまま
頭をなでなでされる…/////
されるがまま…の状態が
10分くらい続いていたけど…
ワタシのスマホが鳴った…
健人
健人
邪魔が入ったね、笑
あなた
あなた
あ、北斗から…
健人
健人
すぐに出ないと
拗ねるだろうね、笑
あなた
あなた
同感です、笑
健人サンから離れて
着信に出る…
あなた
あなた
もしもし、
おはよう♡
北斗
北斗
『おはよう、
身体大丈夫?』
あなた
あなた
うん♡心配してくれて
ありがとう♡
北斗
北斗
『なんか、されてない?』
あなた
あなた
ふふッ♡
大丈夫だよッ
さっきまで健人サンの腕の中に…とは
絶対に言えない、笑
北斗
北斗
こんな時に
傍にいてやれなくて
ゴメンな…
優しい北斗…
会いたくなっちゃう…

心配かけたくないから、
あなた
あなた
ううん、大丈夫だよ♡
って言ってしまうワタシ
5分程
他愛もない話をして
北斗
北斗
呼ばれちゃった…
また、電話するから
あなた
あなた
うん、ありがとう♡
通話を終えた…
そういえば
健人サンがいない…
部屋を出て
ダイニングキッチンへ…
キッチンに立つ健人サン
健人
健人
キッチン勝手に借りちゃった♡
タイミングばっちり♡
出来たよ♡
テーブルに
フレンチトーストが♡
健人
健人
昨日約束したでしょ?
フレンチトースト
作ったげるって♡
あなた
あなた
あ♡
健人
健人
さ、座って♡
一緒に食べよ♡
朝食+フレンチトースト+ケンティ

何かの夢かな?笑
健人
健人
あーんしてあげる♡
あなた
あなた
ダ、ダイジョウブです/////
気にせず1口大に切った
フレンチトーストをワタシの口元へ
健人
健人
どーぞ♡
この上目遣いのケンティの「あーん」を
断れる人がこの世の中にいると思いますか?
あなた
あなた
あーん/////
健人
健人
どぉ?
美味しいに決まってる、笑
あなた
あなた
美味しい♡
健人
健人
良かった♡
健人
健人
あーん
口を開ける健人サン
あなた
あなた
健人
健人
お返しの「あーん」
待ってるんだけど?
あなた
あなた
/////
フレンチトーストを
切って健人サンに…
あなた
あなた
はい、どーぞ/////
健人
健人
あーん♡
モグモグするケンティの破壊力…♡
健人
健人
幸せな時間だね♡
あなた
あなた
/////





健人サンは
お仕事へ行った…



今朝は


夢のような時間だった…





北斗には、言えないよね…