無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

#56 温泉旅行③
ちゃぷん…♨️


露天風呂、独り占め中


空は青からオレンジ色へ

景色も最高だし
湯加減もちょうどいい♡

ボーッと
静かに入ってたいのに…笑
ジェシー
ジェシー
あなたチャン♡
1人で寂しくない?
男風呂と
女風呂を仕切る垣根の向こうから

ワイワイと声が聴こえる、笑
慎太郎
慎太郎
今から行ってあげよか?
大我
大我
ボクなら大丈夫でしょ?
樹
もうスッピンかな?
優吾
優吾
裸のあなたチャン…
想像した♡
北斗
北斗
あなた…
スルーでいいから、笑
楽しそうで何より、笑
北斗
北斗
オレたち、先に出るから
ゆっくりしてきなよ
あなた
あなた
ありがとうッ
女子のお風呂は
まぁまぁ時間が掛かるので、笑


しっかり髪の毛も乾かして
スッピン過ぎても恥ずかしいので
リップだけ塗って
部屋に戻る


もう食事が部屋に運ばれていた
あなた
あなた
遅くなってごめんなさい
優吾
優吾
浴衣姿…♡
樹
(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪゙
慎太郎
慎太郎
やべぇ♡
可愛い♡
ジェシー
ジェシー
出来たら
羽織ってるのを
脱いで欲しい、笑
大我
大我
可愛いね♡
北斗
北斗
この席に座って
と何故かお誕生席が空いていた、笑

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
説明すると


慎太郎 樹 ジェシー

入口 ( テーブル ) ワタシ

優吾 北斗 大我



こんな感じです、笑

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
ワタシがお風呂に入ってる間に
どこに座るか
ジャンケンで決めたらしい

そして
ワタシがお誕生席になったのは

北斗以外の横になると
北斗が拗ねるだろうから
お誕生席になったらしい、笑
樹
じゃあ、食べよーぜ
みんなで
いただきます&乾杯をして
スタート
お酒もすすみ
楽しい食事タイム( ˘͈ ᵕ ˘͈ )


席決めてても、結局
ジェシー
ジェシー
コレ、美味しいよ
って横に陣取るし、笑
慎太郎
慎太郎
食べさせてあげる♡
って両サイド埋まるし、笑
大我
大我
こっちで食べよ♡
って引っ張られるし、笑
樹
ワインどお?
って横に来るし、笑
優吾
優吾
デザート食べる?
って連れてかれるし、笑
北斗
北斗
オレのあなたなのに…
と少し機嫌悪いし、笑

いつも賑やかな空間になる、笑
一応ごちそうさまをして


お酒だけ
まったり飲みながら


慎太郎
慎太郎
ゲームしない?
慎太郎サンの提案で
ゲームをすることに…
優吾
優吾
フロントに
人生ゲームあったよ、笑
借りてきた
人生ゲームをすることに
ジェシー
ジェシー
1位になったら
ご褒美的なものがあると
やる気満々になるよね、笑
大我
大我
1位は…あなたと楽しい事とか?♡
北斗
北斗
なんだよ、それッ
あなた
あなた
今でも楽しいですよ?
慎太郎
慎太郎
大人な楽しい事がいいな、笑
北斗
北斗
いいわけないだろ?
樹
北斗が勝てば
いいだけじゃん、笑
北斗
北斗
オレが1位になったら
あなたと2人っきりに
させて貰う!くらいなら
乗るけど?笑
優吾
優吾
隣の部屋で?
声聞こえるよ、笑
北斗
北斗
声くらいなら
聞かせてやる、笑
あなた
あなた
どっちもヤだ…
樹
あなたチャンが1位になれば
問題ないんじゃ?
あなた
あなた
圧倒的不利な気がする…
慎太郎
慎太郎
さ、始めよぉ!
慎太郎サンは
どんどん話を進めた、笑