無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

#24 デート ジェシーサン編🔞
今日はジェシーサンとデートの日
横浜デート(*Ü*)
駅で待ち合わせして電車に乗る

もちろん尾行組(w)も電車に乗る
電車は結構混んでて
揺れるたびに
ふらつくワタシ
ジェシー
ジェシー
ふらつかないように
オレにつかまって
いいよ♡
グループでいるときは
おちゃらけてるけど
2人きりのときは
紳士的な振る舞い
ギャップがヤバい
あなた
あなた
ありがとうございます
/////
キュッと軽めに
ジェシーサンの腕を持たせてもらう
ジェシー
ジェシー
しっかり腕を持っても
いいんだよ?
優しく微笑む
あなた
あなた
//////////
結構揺れる電車
やっぱりふらつくワタシ、笑
ジェシー
ジェシー
ほら
ふらつく身体を支えるように
腰に手を回すジェシーサン
あなた
あなた
すみません/////
北斗が見てないか
心配でキョロキョロすると
ジェシー
ジェシー
安心して♡
北斗には見えないよ
耳元でささやく
あなた
あなた
/////は、はい
ニヤリと微笑む
目的の駅に着き
デートスポット的なところを廻る
ジェシー
ジェシー
次はココね♡
歩くのが早いジェシーサン
オマケに
人も多く北斗達が見えなくなった
ジェシー
ジェシー
作成通り♡
あなた
あなた
ふふふ
ジェシーサン、
歩くの早いですね
ジェシー
ジェシー
この辺
庭みたいなもんだから
ヤツらを捲くのなんて
簡単だよ、笑
ジェシー
ジェシー
あ、変なことしないよ?
ジェシー
ジェシー
ただ、2人きりで
楽しみたい所があって
観光地?から少し外れたところ

オシャレな外観のお店の前で足を止めた

看板の表記が全て英語
何のお店か分かんない、笑
ジェシー
ジェシー
ココなんだ
一緒に来たくて♡
中は
オシャレなBARになってた
ジェシー
ジェシー
食事も最高なんだけど
昼から飲めるんだ♡
あなた
あなた
素敵なお店ですね♡
カウンターに並び
ジェシーサンのオススメの
ランチと
泡のお酒(シャンパン)
あなた
あなた
美味しいっ
ジェシー
ジェシー
でしょ?
店内は素敵な音楽も流れてる
雰囲気もよく
お酒も美味しい♡
さりげなく
腰に手が…/////
あなた
あなた
あの…手
ジェシー
ジェシー
ん?
絶対分かってる、笑
ジェシー
ジェシー
まだ何もしてないよ♡
耳元でささやくジェシーサンは
意地悪な顔をしてた
ジェシー
ジェシー
ホントはココ、
夜が最高なんだけど
北斗が明るい時間っていうから
あなた
あなた
ランチを食べ終えたから
お店を出るのかと思ったら…
ジェシー
ジェシー
ウロウロすると
見つかるから…笑
ジェシー
ジェシー
奥の席でお話しない?
奥のソファ席に移動した
知らない間に
ジェシーサンは
シャンパンをお代わりしてくれてた、笑
このお店の常連っぽい、笑
今気づいたんだけど
他にお客さんいない
フカフカのソファ
少し距離を取って座る
ジェシー
ジェシー
めっちゃ警戒されてる、笑
ジェシー
ジェシー
デートだよ?
昼間の健全な
あなた
あなた
ですよね/////
長い足を組むジェシーサン
カッコよすぎ
あなた
あなた
ジェシーサンって
こういうお店
似合いますね
ジェシー
ジェシー
ありがとう
チュッ
不意をつかれて
ほっぺにKiss
ジェシー
ジェシー
アメリカでは
お礼のKissは普通だよ?
あなた
あなた
日本ですから、ココは/////
ジェシー
ジェシー
ふふふ
やっぱりどさくさに紛れて
腰に手を回すジェシーサン、笑
あなた
あなた
この手、だめですよ
ペチンとジェシーサンの
手を軽く叩いた
ジェシー
ジェシー
勝手に動くんだ、笑
腰にあった手が肩付近に移動し

ジェシーサンの方に引き寄せられ
ジェシーサンの胸に顔を埋める姿勢に…
あなた
あなた
え?/////
ジェシー
ジェシー
あれ?
あなた
あなた
ダメです/////
グッと力を入れてジェシーサンから
身体を離そうと押した

その反動で
ジェシーサンと反対側に
倒れた
ジェシー
ジェシー
誘ってる?
素早い動きで
ジェシーサンが倒れ込んだワタシに近づき
逃げれない状態へ
真剣な眼差しで
見つめるジェシーサン

その色っぽさに負けそうになる、笑
あなた
あなた
誘ってません/////
ジェシー
ジェシー
ウソウソ♡
体勢はそのままだけど
底抜けに明るい笑顔の
いつものジェシーサンに戻った
ジェシー
ジェシー
驚いた?
キュンキュンした?
明るいジェシーサンに安心して
正直に言葉にした
あなた
あなた
少しだけ
キュンってなりましたけど
やっぱり冗談ですよね?/////
すると
意地悪な表情になる
ジェシーサン
あなた
あなた
え?
顔が近づき
首すじに顔を埋めた
あなた
あなた
んんっ/////
ジェシー
ジェシー
そんなふうに
啼くんだ?
ニヤリとして
ジェシー
ジェシー
コレで我慢してあげる
深いKiss
ジェシー
ジェシー
母国の挨拶代わりだから♡
あなた
あなた
/////
ジェシー
ジェシー
2人だけの秘密だよ?
あなた
あなた
コクン
頷くしかなかった
ジェシー
ジェシー
北斗にバレたら
お仕置大変でしょ?
あなた
あなた
カァ/////
耳まで真っ赤になるのが
自分でも分かった
ジェシー
ジェシー
図星じゃん、笑
ジェシー
ジェシー
すぐに顔に出るから
面白いね、〇〇チャン♡
あなた
あなた
もう/////
ジェシー
ジェシー
Ahahaha
ジェシー
ジェシー
さ、嫉妬のカタマリの
北斗が心配してるだろうから
帰ろっか!
やっと解放された
心臓が持たない…ふぅ
駅で北斗達と合流
北斗
北斗
どこ行ってたんだよ!
ジェシー
ジェシー
ただランチ
してただけだよ
Ahahaha
北斗
北斗
ホントか?
あなた
あなた
うん
としか言えない、笑
北斗
北斗
ちょっと酔ってる?
鋭い北斗サン、笑
あなた
あなた
ランチと一緒に
少しだけワイン飲んだ…よ
ジェシー
ジェシー
昼飲みできるんだよ、
オシャレなお店は♡
北斗
北斗
分かったよ、
もう帰るぞ
と手を引っ張っられて
お家へ帰った
残った尾行組の4人には
ジェシー
ジェシー
実は…
ヒソヒソ…
樹
マジで?
それ、バレたら
ヤバいやつじゃん!
大我
大我
ボクもやろっと
慎太郎
慎太郎
ずるくね?
優吾
優吾
いいなぁ
秘密を共有する男達でした
樹
〇〇チャン、
身体大丈夫かな?笑
    ┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
自宅にて…


ウィーン ウィーンと響く機械音と
ワタシの啼き声が…
北斗
北斗
ジェシーと何した?
あなた
あなた
あっ
んっ
北斗
北斗
答えられない?
答える余裕がないのは
北斗がいつの間にか手に入れた
ピンクの玩具のせい…
それをワタシの下に…

今は
パワーアップした
お仕置タイム中
あなた
あなた
ランチして
お酒を…少し
んっ♡
北斗
北斗
こんなに喜んで…
お仕置になってないな、笑
もう
下はぐしょぐしょ
あなた
あなた
あぁんっ/////
北斗
北斗
信じてるけど…
北斗
北斗
お仕置
嬉しそうだし、ね?
もうドS
ドSになる理由が欲しいみたい、笑
と心の中で呟いた
北斗
北斗
何?余裕ありそうじゃん?
あなた
あなた
え?
いやぁぁぁん/////
玩具が『強』になりました、笑