無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

#8 急接近 2
白ワインとチーズを持って
自室へ戻ろうとソファの前を
そぉっと通ろうとした時…
北斗
北斗
ズルくないですか?笑
あなた
あなた
起こしちゃいました?
ズルいですか?笑
北斗
北斗
やっぱり緊張して眠れなくて
一緒に飲みたいなぁ笑
あなた
あなた
泡の白ワインですけど
大丈夫ですか?
北斗
北斗
飲みたいです笑
北斗サンは体を起こして
ソファの半分のスペースに
座ってって催促した
あなた
あなた
じゃあ
ソファ前のローテブルに
白ワイン(泡)
グラス2つ
チーズを並べて
隣に座った
北斗
北斗
乾杯
あなた
あなた
乾杯
北斗
北斗
すごいいい匂い♡
あなた
あなた
ワインの?
北斗
北斗
ワインもだけど
お風呂上がりのいい匂い笑
あなた
あなた
/////
北斗
北斗
ドキドキしてる
あなた
あなた
ワタシもです/////
北斗
北斗
あの…
北斗
北斗
酔った勢いとかじゃなくて…
北斗
北斗
初めてココに来た時から
ずっと気になってました
北斗
北斗
オレ、
〇〇サンの彼氏になってもいい…?
北斗
北斗
ですか?/////
あなた
あなた
/////
北斗サンと目が合い
あなた
あなた
…はい
と答えるのと同じタイミングで

少し首を傾けた北斗サンの顔が
近づいてきた