無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

は じ め て
ぼくは、なにもない。
ただ毎日ご飯を食べて寝て
起きてバイトへ行って帰って
またご飯を食べて寝る
そんな毎日が淡々と過ぎていった。





ぼ く
おはようございます.......
か の じ ょ
お、はようございます!
聞き慣れない声に下に向けていた顔を上げる。
か の じ ょ
今日から一緒に働かせて頂きます!
佐藤さとう 春羽はるうです。
ぼ く
あ...やなぎ朱雨しゅうです。
か の じ ょ
慣れないことが多くてご迷惑お掛けするかも知れませんが宜しくお願いします!
ぼ く
はい、よろしくお願いします。
かのじょは高校一年生らしい。
この間まで中学生だったとは思えない
礼儀の良さだと思う。



ぼくも見習わなきゃいけないな。