無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

お熱🥣
Mon.



あなたside


久々に拓哉が熱出した。


拓哉のお母さんが仕事でお昼おらんらしいからお世話せんとあかんことになってん、





でもな、笑拓哉の熱のときあかんねん笑

大体甘えんぼやねん笑




あなた「拓哉ぁ〜?大丈夫〜?」


拓「ん〜あなたちゃん、来てくれたん?拓哉嬉しい、」


あなた「はいはい、笑ちゃんと寝えや笑」


拓「ん〜、アクエリ飲ませて?そしたらな、ちゃんと寝る」


あなた「口開けて、」


拓「いやや!口移しして?そうしてくれへんと飲まれへん、」


あなた「風邪うつんねんけど、笑」


拓「ええやん、俺の風邪やったらうつってもええやろ、?」


あなた「…はいはい、わかったから、もうホンマに甘えたさん。」


拓「拓哉うれしい、」


チューーーー


あなた「ん、これでちゃんと寝れる?」


拓「…拓哉、手握って貰えへんと寝れへん、」


あなた「もぉ、握ってあげるから、はよ治して元気になってや笑」


拓「ありがとぉ〜」 zzz


あなた「寝るの早すぎ笑…寝顔は可愛らしいのになぁ笑」




拓哉side



あなたはやっぱり風邪ひいた。笑


半分申し訳ない気持ちと嬉しい気持ち、笑


なんでかって言うと、俺が甘えるの、全部演技やねん笑


あーゆー時しか甘えれれんから笑


あともうひとつ、



あなた「たくちゃん、そばおってぇ〜」



あなたが風邪ひくと甘えたになんねん笑


これが可愛すぎて、ついついやってしまうことやね笑


やからあなたが風邪ひいた時はメンバーに絶対教えへん笑

きっとみんなも同じようなことしてるけど笑



あなたの甘えたさんにはメンバー誰も勝てへんな笑