無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

イチャイチャ👾
Thu.



「だーーーーーーれだっ」




あなた「んーーーーーー大晴くん!!!」




大晴「えーーーーっ!バレちゃったっ!!!!」



あなた「分かるよ〜!大晴くんの事だもん!」



大晴 「えー!嬉しい〜(〃▽〃)」



風「密です。離れてください」






ドンドンドンドン



大「ちょっ、痛い痛い痛い」



あなた「俺、大晴」(ボソッ)



大晴 「え〜もうほんま可愛ええなぁ、食べちゃいたい」ニヤニヤ


カシャッ


風「ブログにかいたろ、この顔もついでに」




大晴「ごめ、ごめんごめん」




良「大晴〜〜笑風雅敵にしたら終わりやで笑」




あなた「ええねん!風雅なんか!」




風「あなたちゃん?俺はあなたの黒い歴史知ってんねんで?ン?」



健「聞きたい聞きたい聞きたい、!!!!」




あなた「なぁ、小島ウザイ」




風「ほら、いくで」



スッ



ギュッ



あなた「ほんじゃーね!」



大晴 「あぁ、、、俺の、、、」



小「え、風雅って手繋ぐんや」




あなた「あっ!大晴くん、好きやで!バイバイ!」



大晴 「…っ俺も!!!!これで1年がんばれるわ、、、すき、、、、」



健「…俺って斗亜にこんな感じなんや、ちょと抑えよ、」














風「お前危機感無さすぎやからな、」



あなた「んー?大晴くんはええねんで?優しいし、紳士やから」



風「あのなぁ、男なんていつでも狼になれるねんで」



あなた「風雅やってオオカミになってへんやろ?だから大丈夫!!」





チュッ




風「…これでも?」



あなた「…っ!…でも風雅ならええかな、」



風「…っあほっ、//」



あなた「こーじくんが、もし、別の人と結婚したり、もし、あなたとは結婚できへんって言ったら、風雅が貰ってや?」




風「なんやねん笑俺は康二くんの次なんやな笑まぁ、でも嬉しいわ、」



あなた「ん、笑はよみんなんとこいこか、笑」











ガチャッ



斗「あーーーー!なんで2人手繋いでんねん!!!」



あなた「仲良しやからやでっ!」



風「ちゃうで、こいつが手冷たい冷たいゆうから温めてやったんや」



拓「ほんまか?風雅さん、抜け駆けすんなよ」



風「ウザイ」



彪「なにあなたちゃんニヤニヤしてんねん笑」



あなた「みんなのこーゆーの見てるの幸せやから笑」



琉「ええよな、こういうの笑」



拓「やっぱりるーくはおじーちゃんやなぁ笑」