無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

甘えん坊🥣
Tue.


拓哉side



授業いややなぁーーーーーー



まあ今日は四限で帰ってレッスンやけど
学校終わりにあなたとご飯食べに行けるから頑張れるんやけど




この授業終わったらあなたとこ行こ











キンコンカンコン_______







ダダダダダダ






拓「あなたーーーーーー!」



あなた「どうしたん、拓哉」



拓「授業疲れた、」



あなた「この授業終わったらレッスンやからなしっかりせえや笑」



拓「ん"ーーーー」



女1「拓也くんまた来たのー笑」



拓「そうなんっすよ笑癒されに!」



あなた「ほんま甘えっ子やわ笑」



拓「どっちgっ」ドシッ



あなた「今日のレッスン厳しく行くで」ギロッ



女2「ほんま大変やな笑」



男1「西村ぁぁーーここは3年のクラスやぞーーはよ帰れーーー」



拓「先輩ちょっかい出さんとってくださいねっ!!」



男1「はいはい笑」



拓「んじゃ帰りまーす、あなた後でなー」



あなた「はーい」



チュッ ペシッ



拓「デコ洗ったらあかんで笑」



あなた「アホっ/////」