無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

大切にしてくれる人🍬
Fri.



あなたside





あかん、痛い死にそう



私この日になると調子狂うねん、、






今日はダンスレッスン



激しく踊ると貧血でフラフラで倒れるか倒れないかギリギリ




あーーーもーあかん、薬飲んでもあかん、






彪「あなたちゃん?どーした?お腹痛い?」



あなた「お腹痛い、」



彪「あの日?」



あなた「せやんねん、」



彪「ココア持ってくるな、」



あなた「ありがとう」












風「あれ、あなた何してんねん。」



あなた「ちょっとお腹痛くて」



風「無理すんなよ」ポンポン



彪「持ってきたでココア、あ、風雅おはよう」



風「おはよう、こいつの分今日頑張らなあかんな」




彪「せやなーー」




斗「おはよう!」



風・彪「おはよ」



風「今日あなた体調悪いから静かしとってな」



斗「もしかして斗亜って毎日うるさい感じ?」

風「うるさい」



斗「そんな食い気味に言わんでも、笑コタちゃんは、、?」



彪「うるさいかな〜、笑」



斗「嘘やん、」




拓・琉「おはよ〜」



風・彪・斗「おはよ〜」



拓「あれっあなたて体調悪い?」


彪「うん、あれの日やって」



拓「アレの日、、、?」


風「お前察しろや」


斗「拓哉女兄弟居らへんもな、なんも力になれへんからあっちいってて」








拓「え、酷ない、?、」