無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

SnowMan
Fri.3


~渡辺妄想タイム~


渡辺「ねぇ、ほんとに大丈夫??」


あなた「翔太、バカにしすぎちゃう?」


翔太「俺、あなたに傷がついたりするの嫌なんだよ。」


あなた「大丈夫やって、…」ガチャンッ


あなた「わっ!!」


翔太「ほらっ!言っただろ。そんな事しなくても好きなのわかってるから、早くこっちおいで。」



深澤「終了〜〜!!!」


ラウ「しょっぴいけめんっ!」


深澤「どうだった?」


あなた「ドキドキしちゃった笑翔太のこと男として見ちゃうかも笑」


翔太「よっしっ!!!」


宮舘「てか、あなたのアドリブ力すごくない?」


岩本「いや、ほんとすごいよ笑」


向井「はぁ、俺のあなた…っ」


阿部「1人死んでんだけど笑」






~深澤妄想タイム~



深澤「なーに作ってんの?」


あなた「バレンタインのチョコ!」


深澤「ふーん、それって俺以外の人にもあげるの?」


あなた「もちろん。メンバーとかスタッフさんとか」


深澤「その作ってるやつ、全部俺が食うから、他の男には既製品渡しとけ。絶対他の男には渡すなよ。」



向井「早く終了してください。終わりです。」


阿部「目、しんでる笑」


深澤「俺のどうだった?」


あなた「嫉妬もありだなと考え始めた。笑」


佐久間「顔でかいけどやるじゃん笑」


深澤「顔でかいは関係ねぇよっ!」




~目黒妄想タイム~


目黒「えっ、めっちゃ上手に作ってくれたじゃん。」


あなた「蓮のために頑張ったんやで!」


目黒「へー、俺のこと大好きじゃん。」


チュッ


目黒「このままベット行こっか。」


あなた「えっ、せっかく作ったのに?///」


目黒「楽しい時間終わったら食べような」、



深澤「しゅうりょう!!!!」


向井「めめーー!!!あかんやん!チューしたやん!ありえへんわ!」


目黒「はぁ、柔らかかった」


深澤「えっ、ほんとにされたの?」


あなた「されてないです笑」


佐久間「はぁっ?めっちゃ嘘つくじゃん!笑」


向井「よかった、、」