無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

寂しがり屋🍬
Thu.




あなたside







暇すぎる、あかん、この前なにわがやってたライブでも見ようかなーーー







ヴーヴー




あなた"どーしたん?"



拓"なあ、今暇やろ"



あなた"せやけど"



拓"なにわのやつ見る予定やった?"



あなた"なになに怖"




拓"ほな行くな"






ブチッ





なんであんなわかんねん




あのファンレター拓哉ちゃうか?










ガチャッ




拓「こんにちはー!」





あなたママ「たくちゃん!いらっしゃい!」




拓「あなたまま急にごめんなー、あなた呼び出されてん」




あなた「勝手に来たんやろ」




ママ「リトルがいつ来ても嬉しいからいつでも来てええからねっ!」



拓「ありがとうございます!!!」



ママ「ゆっくりしてって!」






あなた「てかなんでわかったん怖いわ」




拓「勘やけど」








ヴーヴー


あなた"もしもっ 風"今暇やから行ってもええ?"



あなた"拓哉おるけど"



風"拓哉もおるんか笑"



あなた"はよきーや"





ガチャッ




風「お願いします」




あなた「なんで自分の家みたいに入れるん」




風「俺ん家でもあるから」






ヴーヴー






彪"もしも あなた"家来てええで"





彪"課題みせてっていおうろしただけやけどええなら行くわ"



ブチッ





あなた「要らんことしてもーたぁ、」




風「みんな呼べばええやん」



あなた「そうすることにする」



拓「言い方の癖笑」










そのあと、5人はなにわ男子の単独ライブを見終わって、夜ご飯までペロリと平らげてようやく帰りました。




あなた「せっかくの休みやったのに、、
……まぁ、こんなオフがあってもいっか、、」




なんやかんや言って1番寂しがり屋なのはあなたちゃんの方なのかも、?