無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

みんなの万能調味料こと塩こうじよりも🍊
あなたside



なんか最近リトルたちの様子がおかしい、ほんまはずい////







あっ!おった!





…なんかおる




ツン



あなた「なんでおんねんるーたくん、」




龍「おっ!久々やな!!」




あなた「こーじっ!」




龍「おーい!」




康「ごめんな、あなた、るーたくんに呼び出されたんや、」




龍「お前が寂しいから来てって言ったやんか!」




あなた「るーたくんのことは大好きやけどこーじの浮気相手やから嫌!」




龍「なんやねん笑」




康「照れてんで笑
こーじライバルランキングなんやっけ?」




あなた「ダントツ1位でるーたくんその次みっちーとラウ」




康「ダントツ1位やって笑」




あなた「るーたくん、そういうことで、」



龍「えっ!はやない!」



あなた「風雅呼ぼうか?」



龍「自分で呼ぶわ笑」



康「なんや、ラブラブやん、ほんじゃーなーっ」




龍「もーなんやねん、笑楽しんできてこいよ笑」














あなた「こーじってさ、今日生放送やないの?」




康「お嫁さんのためなら何でもするで笑」




あなた「こーじのことめっちゃ好きになった、、、」




康「いやーん照れるやん笑
ほんで話ってなん?あんまあなたからそーゆー話しやんやん。」





あなた「実はなー、この前ファンレターでな、リトル抜けろってな、そうしんとリトルに怪我させるってな、手紙が来てん、どうしたらええかわからへんくてっ、、」





康「、、、辛かったな、事務所には言うたんか?リトルには?」




あなた「まだ言うてへんけど、、」





康「事務所には俺が言うとくから安心し、」ヨシヨシ



康「でもリトルには自分で言うこと、もっと酷くなったらおれにまず伝えてな、」




あなた「うん、ありがとう康二。もう行かんとあかんよな、」




康「せやな、あなたは笑顔が1番やで笑」




あなた「こんな遅い時間までありがとなっ!頼りにしてんで!旦那さん!行ってらっしゃい!」




康「んっ笑行ってきます笑」