無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

759
2018/09/24

第9話

7"
ユンギside






ある日、病院に行ったら






あなたが泣いていた






すぐに行こうとしたら






あなたの隣には男がいた






誰だよ、アイツ……









別に盗み聞きしようとした訳じゃない






でも、






あなたが泣いている時






隣にいるのはいつも俺だったから









嫉妬_____したのかもしれない







あなた

私、もう、ピアノが弾けないんです







は?






もう、弾けない……?






どういうことだよ





それから俺は






感情のままに






どんどん、あなたに酷いことを言った






そして、気づいたら






「ピアノを弾けない奴となんて居る意味が無い」






そう言ってたんだ













その時のあなたの顔は今でも忘れない













俺はあなたを傷つけた






だから、もうあなたとは関わらない






いっその事、嫌われてしまおうと思って






あなたの事無視して






気持ち悪いぶりっ子と仲良くした













本当はあなたと話したい






あなたと一緒にたくさん笑いたい












気づいたら






涙が溢れてきて






何をしていても






あなたのことを考えてしまう













あぁ






俺ってやっぱり






あなたがいないと















だめなんだ_______