無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

787
2018/09/15

第6話

4"
???
あのッ
大丈夫ですか?
あなた

へ?

???
あ、その、、
???
泣いてたから…
あなた

あぁ…

???
なにか…あったんですか?





この、初対面の男の人…






この人に話したら






少しは楽になるかな









どこの誰かもわからない









それでも






今はとにかく







誰かに話を聞いて欲しい






あなた

実は…





そして私は






全てを話した










事故にあった日のこと



ユンギのこと






そしてもう、






ピアノを弾けないこと___



???
そっか…辛かったんだね(泣
あなた

はい…(泣




私が話すと






この男の人も泣いていた






きっと






とても優しい人なんだろうな










'



???
おい、それホントかよ
あなた

えッ…




その声は






私が大好きな人






そして






絶対に






本当のことを知られたくなかった人






そう、






ユンギ
あなた、教えてくれよ







ユンギだった









???
じゃあ、僕はこれで
あなた

え、あ、はい…

その人は






笑顔で手を振って






どこかへ行ってしまった







ユンギ
で、どういうことなんだよ
ユンギ
もう、ピアノが弾けないって…







そのユンギの声は






少し震えていて






どこか






泣いているようにも見えた












もう、






話すべきなのかな…









┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
作者


やっと更新できるようになりました!!


これからも「私の夢は」をよろしくお願いします。