無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

732
2018/09/30

第10話

8”



あなたside









最近、放課後が憂鬱だ






事故の前までは






学校から帰ったら






すぐに音楽教室に行って






ピアノのレッスンとか






音楽の勉強とかしてて






いつも帰ったら夜の10時くらいになっていた













でも、今は






帰ってもすること事がない






ぼーっとして天井を見上げていた










〜♪









ん?






ピアノの音だ






久しぶりに聞いたこの音






この曲…なんだったっけ






思い出せそうで




思い出せない






この曲は…






この曲は______






必死に思い出しながら






音が鳴る方へと歩く






まるで









引き寄せられているかのように









あなた

あッ……






歩き着いた先は






私の部屋






不思議に思って






ドアを開けてみると






私の部屋の窓の先には













ピアノを弾いているユンギがいた













そうだ






この曲は












“Let's search for Tomorrow”









意味は






“明日をさがそう”









小さい頃によく






ユンギが私に弾いてくれた曲






その頃の私は






まだそんな曲、弾けなくて






ユンギの隣で歌ってた











幸せだったな…






あの頃は















でも、






なんでユンギはこの曲を弾いてるんだろ…?









こんな懐かしい曲、聴いたら






ユンギとの楽しい思い出ばかり思いだしてしまう






















もう、嫌われてしまったのに_______













ユンギ、






ユンギと話したいよ






また、前みたいに






2人で一緒に笑いたいよ













私、



























ユンギがいないとダメなんだよ














┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
作者



更新、遅くなってしまい

本当にすみませんでした。



あと、お話の中の“Let's…”って曲は

今、作者が弾いてる、

バリバリの合唱曲なんで

凄いロマンチックな曲とかじゃないです。



これからも「私の夢は」をよろしくお願いします。