無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

172
2021/09/23

第3話

🌸(過去)
お父様「深澤くん」
深澤執事
はい
お父様「実は、明日仕事の都合で2人共海外に行くんだ。」
深澤執事
私からお話しておきますので
あなた様のことは、私にお任せくださいませ。
お母様「ありがとう助かるわᴗ̈」
お父様「明日、早めに出るからよろしく」
深澤執事
わかりました。
深澤執事
それでは失礼します。┏○ペコッ
お父様「あぁ、あなたのことよろしく頼むよ」
深澤執事
かしこまりました┏○ペコッ
あなた様のお部屋へ戻ると
あなた様『遅かったね』
あなた様は2人になるとタメ口で話す
深澤執事
えぇ。
私からあなた様にお伝えしなければいけないお話をしてましたので。
あなた様『お話?』
深澤執事
えぇ。
深澤執事
明日、仕事の都合でしばらく海外に行かれるそうです。
あなた様『そうなんだ』
深澤執事
あなた様には私がおりますのでご安心ください。
あなた様『よかったᴗ̈ふっかまで海外行くって言ったら私許さないもん』
深澤執事
笑笑
この時、私はまだふっかが担当おりること知らずにいた
深澤執事
あなた様、私明後日の午前中社長に呼ばれていますので、居ないですが大丈夫ですか?
あなた様『そうなんだ!
午前中は勉強してるから大丈夫だよᴗ̈』
次の日、両親が海外に行かれ明後日になり
深澤執事
それではそろそろ行きますね
あなた様『行ってらっしゃい』
深澤が仕事場に戻り、お昼前には家に帰ってきた
深澤執事
ただいま戻りました
あなた様『おかえり』
ふっかからお話があると言われた
深澤執事
あなた様
あなた様『ん?』
深澤執事
大事なお話があります
あなた様『なに?』
深澤執事
私、本日であなた様の執事を他の執事にバトンタッチすることになりました。
あなた様『え…?』
深澤執事
次担当してくれる執事は頭良い執事です。
勉強で私が教えられなかった分、次の執事に聞けば色々教えてくれると思います。
あなた様『じゃ今日でふっかとお別れになるの?』
深澤執事
はい。次担当してくれる執事は私の同期です。
あなた様『同期の名前ってなんて言う方なの?』
深澤執事
阿部です。
あなた様『阿部さん…』
深澤執事
阿部とはとても仲良いので、あなた様のお話を毎週のように阿部にお話しております。
あなた様『そうなんだ!でもこうやってふっかと一緒にお出かけとか出来なくなるってなると…』
深澤執事
私に会いたくなりましたら平日も休日も出かけておりますので、阿部と一緒に来るといいですよᴗ̈
あなた様『え、?それは阿部さんも知ってるの?』
深澤執事
はい。
深澤執事
その事もお話してあります。
あなた様『じゃ、阿部さんに言ったら連れて行ってくれるかな?』
深澤執事
そのように伝えておきますねᴗ̈
あなた様『じゃ会いたくなったら会いに行ってもいいの?』
深澤執事
是非とも。
あなた様『やったぁあ😆♥』
深澤執事
その可愛い笑顔忘れないでくださいねᴗ̈
あなた様『うん。ふっか今までありがとう!お疲れ様^^*』
深澤執事
ありがとうございます!
こうして担当がふっかから阿部さんに変わった。