無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

凡人の人生(一個人)
俺は小さい頃から人の真似をするような



子供だった。



人が持ってるものは自分が持ってるものはより



いいものに見える、



真似じゃなくて、"頂戴"とか言って



貰ったりしてた。



しかも貰えなかったり、勝手に取ったら



怒られるじゃん?俺は泣くんだよ。



だから子供って言いな。って思う。


目立ちたがり屋だったし、



ワガママだった、お化け怖いって


泣いてる子は心配されてて



言いな。って思って真似してた。



今じゃ凄いと思う、泣くために



短い時間で努力して泣いた後に後悔


何でやったんだろって。



でも、最近じゃ真似はほとんどしてない。


そんな中、友達がリスカしてたの、



構って欲しい、そんな気持ちじゃなくて


少しの興味本意でやった。


はまりそうで怖い。





リスカをしてるのが母親にばれた。


父親にばれたら色々言われる



自分が勝手にやったことに口出しすんな



って思ったけど、考えてみて当たり前か



みたいに頭が冷えた。


人生に考えるようになったみたいで



情緒不安定の時とかに死にたいって



思うことが多々あった、



何でこんなに平凡何だろう



何で特別に慣れなかったんだろ。


可愛く生まれたかった、



綺麗な体に産まれたかった、



足が速かったらよかった。



全部努力で叶う?



それをしたくないんだよ。



俺はアレルギーだし、一重だし、


そのせいで悪口だって言われる、。



でも何でもいいから平凡から



抜け出したい。虐めるんだったら



もっと酷く虐めて欲しい。



褒めてくれるんだったらもっと



言い過ぎって程褒めて欲しい



でも期待し過ぎないでほしい



思い通りの人生じゃ、詰まんないから



少しの刺激が欲しい、アニメの世界みたいに



男女入れ替わってみたい


病気になってみたい、人気者になりたい



嫌われたくない、誰にも。





少し苛ついただけでも"死にたい"とか


思う。でもすぐに楽しいとおもう。



自分のこと結構理解してると思ってるから



自画自賛する事だって多のに



自分のやりたいこととか、夢は見つかんない



もうすぐ大人になるとか知ってても、



なんも出来ない。



出来ない癖に空気読んで、



もっと悪い空気にする。



ホントに嫌われたくない