無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

2階か、、
んー、、どこだ、、?
スタッフ)
あなたさん、ですか?
あなた

あ、はい

ゆうかさんからお話は伺ってます
こちらへどうぞ
あなた

ありがとうございます!

流石はゆうかさんの後輩、って感じですね!
あなた

えーっと、、それは、、?

可愛くてスタイルも抜群ってことですよ!
あなた

いや、私は全然!

そうですか?
それにゆうかさんを先輩に持てるって羨ましい限りです
あなた

自分の自慢の先輩ですw

ですよねw
もし仮に自分はあなたさんの立場だったらゆうかさんが自慢で、ゆうかさんの立場だったらあなたさんが自慢です
あなた

自分なんて自慢にならないですよ!

いやいやー
あ、ここです!
あなた

今危なかったですよねw

ほんと危なかったですねw
どーぞ
あなた

ありがとうございます
失礼します、、

今は休憩時間なので大きい音を出しても多少は大丈夫ですよ
あなた

あ、そうなんですね

扉の向こう
目を疑う光景