無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

Takuya side
ぴこん
休憩中にスマホが震えた
タクヤ
っ!!!
画面に映し出された文字
その文字を見て驚いた
リョウガ
どうした?
タクヤ
あ、いや、、
Takuya
Takuya
明日OFFだよ!
直ぐに連絡を入れた
夢主
じゃあ明日、どこにする?
Takuya
Takuya
じゃああなたん家の近くの公園まで行く
夢主
わかった
久しぶりの会話
あなたの返信がいつもと違う
「!」も絵文字もついていない
もしかしたら、、
そんなことを思ってしまう自分がいて
リョウガ
じゃあ始めるか
ユーキ
たくや、そこ間違えてるよ
タクヤ
あ、ごめん
カイ
たくや、位置こっちじゃない?
タクヤ
あ、そっか
ユーキ
たくや、また間違えてるよ、大丈夫?
タクヤ
大丈夫
ミスばっかり