無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

タクヤ
久々だー、、
あなた

ほんとねー、

タクヤ
連絡してくれればよかったのに
あなた

お仕事の時間とかその日によって違うだろうから迷惑かなって

タクヤ
そんなこと考えなくていいのにw
あなた

んー、、でもなぁー、、

タクヤ
まああなたはそういう子だもんねw
あなた

どういう子w

タクヤ
家買って一緒に住む?
あなた

え、でもそれは、、

タクヤ
ん?
あなた

いやー、だってそれもバレたら終わるよ?

タクヤ
これもバレたら終わるよ?
あなた

んぅ、、

タクヤ
ふはっ(頭撫で)
あなた

あ、ねえ

タクヤ
んー?
あなた

やかちゃんに会いたい

タクヤ
やかちゃん?
あなた

さやかちゃん
会わせて?お願い(上目遣い←無意識)

タクヤ
(上目遣いはずるい/////)
わかった、じゃ、今度おじいちゃん家一緒行こ?
あなた

え?いいの?!

タクヤ
おう
あなた

やった!やかちゃんに会えるo(。>ᴗ<。)o︎♬❤︎

タクヤ
(可愛すぎかよ)
こんな幸せな時間がいつまでも続くといいな
そう思っていた