無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11

あなた
「えったなっちさんYouTuberなんですか!?」


あー知らなかったのか、、、


たなっち
「そうです、YouTuberです」
あなた
「ごめんなさい」


たなっち
「いや全然大丈夫です」


あなた
「名前なんて言うんですか?」


たなっち
「はじめしゃちょーの畑です」


あなた
「はじめしゃちょーさんは知ってるんですけどはじめしゃちょーの畑は、、分からないですね」



俺達もまだまだってことか、、



たなっち
「いや全然大丈夫です」


あなた
「あの、そらとも面識ありますか?」


たなっち
「はい、イベントとか家にも1回来ていただいたことありますよ」


あなた
「そうだったんですね笑なんかたなっちさんとこうして会えるのもなんかの縁なのかもしれませんね」


たなっち
「そうですね笑」


僕がすきになったあなたさんの彼氏は僕達と同じYouTuberでアバンティーズとして活動してるそらちぃさんだった

、、無理だな


----------------------------------------------------------------------------

一方HAPでは、、
はじめ
「たなっちが帰ってきたらどうする?」


やふへゐ先生
「問い詰める他になくないですか?笑」


トマトクン
「もうこれは大問題ですからね笑」


はじめ
「でも、、本当にたなっちはあの女性を口説いてたのかな?」


テツヤ
「なんでですか?」


はじめ
「だってたなっちだよ?たなっちの性格上口説いたりはしないと思うんだよなぁぁ~」


やふへゐ先生
「でもたなっち、ナンパするの上手じゃないですか?」


やふへゐ先生
「だから本当に店員さん口説いてたんじゃないですか?笑」


はじめ
「やっぱそうだよね~」


トマトクン
「もう、帰ってきたら質問攻めです!!」

10分後

ガチャ
はじめ
「あっ、、帰ってきた」


やふへゐ先生
「はじめくん頼みました」



たなっち
「ただいまです~」


はじめ
「たなっち遅かったね~」


たなっち
「まぁ色々あったんですよ笑」


はじめ
「あの、聞きたいことがあるんだけど」


たなっち
「なになに?笑なんか怖いんだけど」


はじめ
「LAWSONの店員さんを口説いたよね?」、


たなっち
「え?」


はじめ
「たなっいには悪いけど実はこっそり尾行をしてたんだけどその時に可愛い女性の店員さん口説いてたの見たんだ」


たなっち
「だいちぃくんなんか言いました?」


だいちぃ
「いや、俺は黙ってた笑」


トマトクン
「え!?」


やふへゐ先生
「だいちぃくんも知ってたんですか?」




































NEXT