無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
はじめ
「だいちぃくん、ようへいくん、ともたか、てつや」
だいちぃ
「はいなんですかー?」


はじめ
「最近たなっちおかしくありません?」


やふへゐ先生
「最近、、おかしいことあったけ?」


トマトクン
「あっ最近来るのが早い」


はじめ
「いやそれはどうでもいい」


テツヤ
「俺わかりますよ」


はじめ
「じゃあテツヤ答えちゃって下さい」


テツヤ
「たなっちが最近LAWSONに行く回数が多い」


はじめ
「……」


テツヤ
「え?」


はじめ
「正解ですッ」


トマトクン
「あ~確かに言われてみれば1日に3、4回は行きますよね~」


やふへゐ先生
「あっ昨日も確かにいってた!なんかコンビニ行く回数は多いなとは思ってたけど」


はじめ
「だいちぃくんは何か知りません?」


だいちぃ
(ここでもし本当の事を言ったらたなっちがかわいそうだし合わないって約束したしな~)


はじめ
「だいちぃくん?」


だいちぃ
「いや何も知らないですね」


トマトクン
「なんかだいちいくん怪しい~」


だいちぃ
「いやマジで知らないよ?笑」


はじめ
「やっぱみんな知らないよね〜」


テツヤ
「じゃあたなっちがLAWSONに行くときに誰かが追跡すればいいんですよ‼︎」


トマトクン
「おぉーテツヤ頭いいぞッ」


はじめ
「じゃあ俺が明日たなっちがLAWSON行くってなったら尾行してなにしてるか見てこよう」


やふへゐ先生
「頼みました」


だいちぃ
(たなっち、、バレちゃうじゃん)


だいちぃ
(まぁいいか、、)



















next