無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6
俺はそのあと口内で一度射精され、情報を今吐けば解放すると言われた。
このまま否定すれば本当にア◯ルセッ◯スをされるだろう。
それを分かっていて、否定するなど正気の沙汰じゃない。
だが今の俺は否定しなければならない。どうする。
_鷹野@たかの_ _一彦@かずひこ_
鷹野たかの 一彦かずひこ
…ッ
モブ
だんまりか…w
もうあんなことされたくないと言わんばかりに俺の体は震えているのが自分でもよくわかる。
あぁ…どうせだったら死んだほうが良い。
だが…まだ死ねないッ…
何故かそう思った。どうしてここまで生に執着し始めたのだろう。
俺らしくない思考回路は、何が原因だろう。
俺がそんな風に呆然と考え事をしていた時、
_田岡@たおか_ _亮一@りょういち_
田岡たおか 亮一りょういち
鷹野さぁんッッ!!
あのキャンキャンとうるさい犬が上から落ちてきて、地面にスタッっと着地をした。







助かった。












俺はその時田岡により安堵した。
_田岡@たおか_ _亮一@りょういち_
田岡たおか 亮一りょういち
おらッ!お前ら!よくも鷹野さんの事めちゃくちゃにしてくれたな!
まるで漫画に出てくる助太刀のように怒っている田岡は
愛らしく、格好よく。
俺を連中から一瞬で救ってくれた。
_鷹野@たかの_ _一彦@かずひこ_
鷹野たかの 一彦かずひこ
田岡…
_田岡@たおか_ _亮一@りょういち_
田岡たおか 亮一りょういち
鷹野さん!大丈夫ですか!?
怪我して…ますね!えと…あっあの…
_鷹野@たかの_ _一彦@かずひこ_
鷹野たかの 一彦かずひこ
ありがとう。
_田岡@たおか_ _亮一@りょういち_
田岡たおか 亮一りょういち
へっ!?
初めて俺は田岡に心から感謝した。
_田岡@たおか_ _亮一@りょういち_
田岡たおか 亮一りょういち
い、今の…鷹野さん…?
_鷹野@たかの_ _一彦@かずひこ_
鷹野たかの 一彦かずひこ
帰るぞ。
素っ気ない態度で帰ろうとする俺に
いつものうるさい犬のように「もう一回!もう一回!」と田岡が要求してきた事は皆さんにもお分かりだろう。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いやぁ…ちょっとね?r18ここでも入れようとしたんだけど…
次のでr18入れる予定なんで、それまで温存しておきます!
お楽しみに♪