無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6



中学に入学。




だが最悪なことに同じクラスには
苦手な奴が数人いた。






まじかよ…





しかもよりによって隣の席が一番嫌いな奴だった。









こいつだけは好きにはなれない。







なぜなら、話に触れることはなかったが、

小学校のころに酷い扱いをされていた。



しかも影から。



みんなに見られないように小石を投げつけてきたり、

その時好きだった人に、

私が最低な奴だということを植え付けられたお陰で、


その人までもがいっしょになってコソコソされることになってしまったのだ。







それが何よりも辛かった。




しかも。その好きだった人も同じクラス。

席は私の隣の席の前。


最悪な配置。



それに。徐々に家庭内も荒れていく。






NEXT→

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆう
ゆう
リクエストどーぞ!いつでも待ってるよ! (私のどの小説のコメント欄でも構わんぞよ。) フォロー返します(気づけたらね?) 🐢更新 よければTwitterも覗いてみて! @pon_yuu_kotu いつも作品読んでくださってる方々ありがとう☺️ フォローしてくれる方々もありがとう(^-^) 脳内ピンクのJKでっす 感想とかくれたらとっても喜びます。 ジャニーズはNEWS。 YouTuberは アバンティーズ、水溜りボンド、パオパオチャンネル、Fischer's、東海オンエア、夕闇などが好きです(*´-`) 私の頭は狂ってますのでw コメント返信するの遅くなるかも。 何卒よろしくお願いします。(*´-`) みんなのこと大好きよ♪ (常に情緒不安定)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る