無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

25
服を脱いで、風呂場に入る。




体を洗って、髪を洗う。




そして湯船に浸かりながらかんたを待った。




扉越しに声が聞こえる。



カンタ
カンタ
入っていい?
you
you
うん、いいよ///



入ってくるなり、目が合う。



かんたの顔が赤くなる。



かんたも体、髪を洗い、湯船に入ってきた。



恥ずかしくって、かんたに背を向ける。



その背中の後ろに、かんたは入ってきた。




1人だと広い湯船が、2人だと狭く感じた。



そして、後ろから優しく抱きしめられた。



腕を腰にまわされて。




カンタ
カンタ
あなたの肌、綺麗だね。
you
you
そう、かな…ありがと///


かんたが顎を私の肩にのせる。



そして耳元でこう言われる。



カンタ
カンタ
ねえ、なんで今日
残業で遅くなるって
連絡くれなかったの?
カンタ
カンタ
いつも連絡くれるじゃん。
you
you
忙しくて手が離せなかったの…
カンタ
カンタ
なんかあったのかな…って
心配した。
you
you
ごめんね…
カンタ
カンタ
それに…
you
you
ん?
カンタ
カンタ
寂しかった…//



少し恥ずかしげに言う。



それと同時に、抱きしめる腕に力が入る。



you
you
かんた…//
カンタ
カンタ
こっち向いて


小声でそう言われ、かんたの方に顔を向ける。



そして、頬に手を添えられた。





次の瞬間、私とかんたの唇が重なった。




それも、ただの口吻ではなく、




下唇を僅かに吸われるような、オトナな口吻を。




you
you
ッ…///
カンタ
カンタ
じ、じゃあっ、先、出るわ!



かんたは顔を真っ赤にして、お風呂を出た。





胸の鼓動が、速くなっていたのがわかった。





今日のかんた、どうしちゃったの…///







NEXT→

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆう
ゆう
リクエストどーぞ!いつでも待ってるよ! (私のどの小説のコメント欄でも構わんぞよ。) フォロー返します(気づけたらね?) 🐢更新 よければTwitterも覗いてみて! @pon_yuu_kotu いつも作品読んでくださってる方々ありがとう☺️ フォローしてくれる方々もありがとう(^-^) 脳内ピンクのJKでっす 感想とかくれたらとっても喜びます。 ジャニーズはNEWS。 YouTuberは アバンティーズ、水溜りボンド、パオパオチャンネル、Fischer's、東海オンエア、夕闇などが好きです(*´-`) 私の頭は狂ってますのでw コメント返信するの遅くなるかも。 何卒よろしくお願いします。(*´-`) みんなのこと大好きよ♪ (常に情緒不安定)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る